Article JapanTOP >  こどもの歯磨き  >  こどもの歯磨きについて

こどもの歯磨きについて

口の中を清潔にして、むし歯予防をするため行うこどもの歯磨きは、とても大切な生活習慣です。
大人にとっても歯磨きは大切なことですが、特に歯の入れ替わり、成長過程にあるこどもの歯磨きは特に重要です。
食事、睡眠、運動など他の生活習慣と同様に、歯磨きもこどもの成長に大切な規則正しい生活のための行為です。
そのため小さいころからこどもに歯磨きの習慣をつけておくことは大切です。
嫌がるこどもの歯磨きをすることは親にとっても大変なことで、なかなか習慣づけできない子もいます。
歯磨きは親子の触れ合いの時間として、楽しい時間になるようにしていけば親子共に歯磨きに対してストレスを感じることはなくなります。

こどもの歯磨きは、歯が生えはじめたら開始です。
最初に1本前歯が生えてきます。
赤ちゃんの段階でいきなりハブラシを口に入れたら嫌がって、歯磨きが嫌いになってしまいます。
最初のうちはガーゼなどを使って磨く程度で大丈夫です。
慣れてきたら少しずつ赤ちゃん用のハブラシを使って歯磨きをしてあげるようにしましょう。
普段から親が歯磨きしている様子を赤ちゃんに見せていると、歯磨きをする行為が当然だと思うようになって抵抗がなくなるかもしれません。

こどもが小さいうちは、主に親が膝の上に寝かせてこどもの歯磨きをしてあげます。
幼児期頃から少しずつ自分でもやらせるようにして、必ず仕上げ磨きを大人が行うようにしましょう。
一人で歯磨きができるようになるのは、小学生くらいまでにできれば大丈夫です。

歯磨きは、毎食後に行うのが理想的です。
しかし実際にはそこまで頻繁に行うのが難しいため、朝と夜の2回行うといいでしょう。
可能ならば昼食後にも1回できるといいです。
特に就寝前となる夜の歯磨きは丁寧に行いましょう。
睡眠時が最もむし歯になりやすいときなので、しっかりと歯磨きをしてむし歯予防をしましょう。

| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数