Article JapanTOP >  こどもの歯磨き  >  デンタルフロス

デンタルフロス

歯と歯の間に溜まった歯垢は、通常のこどもの歯磨きだけでは十分に取ることができません。
歯垢は、むし歯、歯周病の原因となります。
特に歯垢の溜まりやすい歯肉の溝、狭い歯と歯の間はデンタルフロスを使うなどしてケアしていかなければいけません。
1日1回デンタルフロスを使うだけで、十分に歯垢を取り去ることができます。
デンタルフロスは、こどもの歯磨きを大人が仕上げ磨きするときに使ってあげるといいと思います。

最初は、ホルダー付きのフロスが使いやすいと思います。
洗って糸がほつれるまで何回でも使うことができます。
デンタルフロスの使い方は、歯と歯の間に入れて前後に動かしながら、歯肉の溝に向かってゆっくりと入れていきます。
無理矢理入れたり、力をいれたりすると歯茎を傷つける可能性があるため注意してください。

慣れてきたらホルダーの付いていない普通のフロスでも大丈夫だと思います。
指に巻き付けてフロスを使ったり、フロスをわっかにして使ったりすることができます。
指に巻き付けて使う場合には、フロスを30cmくらいに切ります。
フロスの片側の先を左手中指に3回か巻きます。
両手の間隔を10cm~15cmくらいにして、右手の中指に反対側を巻きつけます。
両手の親指、人差し指を使いフロスをつまんでピンとはります。
指の間を1cm~2cmあけておき、その部分で歯と歯の隙間に入れて使います。
次の歯の隙間を掃除するときは、フロスの使った部分をずらして、常に新しい部分を使って丁寧に汚れをとっていきます。
デンタルフロスは、歯と歯の隙間が狭いお子さんに特におすすめです。

| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数