Article JapanTOP >  こどもの歯磨き  >  定期健診

定期健診

こどもの乳歯は弱いため、歯医者さんでフッ素をして歯を守ってあげる必要があります。
乳歯はむし歯になったら、あっという間に神経へ到達してしまうため注意しなければいけません。
そのため乳歯が生え始めたころから、定期的に歯医者へ行き定期健診を受けさせるようにしましょう。
大人によるこどもの歯磨きの仕上げ、定期健診、両方することで大切な歯を守っていきましょう。

定期健診以外に、自宅でできる予防歯科があります。
最近では、フッ素入りの歯磨き粉が市販されているため、普段こどもの歯磨きをするときに使うだけでもフッ素を口内に残して、むし歯予防効果を高めることができます。
口の中にあるむし歯の原因となる菌を殺菌することができる「デンタルリンス」などを使って口をすすぐだけでもかなり効果があると思います。

こどもの歯医者への定期健診は、3ヶ月~4ヶ月に1度のペースが望ましいです。
フッ素の効果もそれくらいでなくなるため、再度塗ってもらう必要があります。
また定期的に歯医者へ小さいころから通うことで、歯医者は歯をきれいにするところ、歯磨きするところ、口がきれいになるといった印象をこどもが持つようになります。
万が一むし歯ができてしまったときも、問題なく治療を行うことができます。

高濃度のフッ素を年に1回から2回塗るよりも、普段から低濃度のフッ素を塗っていた方が効果は高くなります。
そのため市販されている低濃度のフッ素を自宅でも歯磨きの後に塗ることをおすすめします。
特に奥歯の溝の部分はむし歯になりやすいところです。
特に注意しましょう。

こどもの定期健診では、歯の状態だけではなく、歯並びのチェックもします。
必要な場合には、矯正治療の説明も受けられるため、手遅れになることなく治療を開始できます。

| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数