Article JapanTOP >  こどもの歯磨き  >  始める時期

始める時期

いつからこどもの歯磨きが必要になるのか、具体的に歯の生え方の推移と共に考えてみましょう。
こどもの歯磨きを始める時期は、歯が生え始める6ヶ月~1歳が目安と言われています。

6ヶ月ごろ→下の前歯が2本生える。
1歳ごろ→上の前歯4本、下の前歯4本生えて計8本になる。
1歳半ごろ→前歯の横に上下第1乳臼歯が生えて計12本になる。
2歳半ごろ→乳歯が生え揃い計20本になる。

最初のうちは、間食もあまりしないですし、唾液で口内の清潔はある程度保つことができるため、一生懸命歯磨きをしなくても、歯磨きに慣れさせるようにする感覚で歯磨きを始めましょう。
マイハブラシを渡してあげると喜ぶかもしれません。
ただしのどをつく危険性があるため、トレーニングブラシなど安全対策のとられているものを与えるのがおすすめです。

親がこどもの仕上げ磨きをするときや、幼児期以上でこどもにハブラシを使わせるときにおすすめのハブラシを紹介します。
ヘッドが小さめのもの。
毛がやわらかいタイプ、毛が密集しているもの。
毛先はギザギザカットではなくフラットカットのもの。
にぎりやすいグリップのもの。

仕上げ磨き用のハブラシでは、毛足の長いハブラシは避けましょう。
また毛が硬いバリバリとしたハブラシは避けましょう。
こどもが痛がって、歯磨きを嫌になってしまいます。

生えたばかりのこどもの歯は、未完成なのでとても弱いです。
こどもの時期にしっかりとケアをするかどうかによって丈夫でむし歯になりにくい歯へすることができます。
歯は大人になっても年をとっても一生つきあっていくものです。
こどものころからしっかりとケアしていきましょう。

| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数