Article JapanTOP >  こどもの歯磨き  >  むし歯のできる環境

むし歯のできる環境

食後にこどもの歯磨きをきちんととしていて、大人によるこどもの歯磨きの仕上げ磨きも完璧。
定期的に歯医者さんで検診をして、フッ素も塗っているのにそれでもむし歯になるというこどもがいます。
親はここまでしているのに、どうしてむし歯になるのかと疑問に思うことでしょう。

むし歯には、口内の環境が大きく影響しています。
口腔内の環境、唾液の性質などからむし歯になりやすい子、なりにくい子に分かれます。
こうした環境の違いはどうして生まれるのか、それは食生活に関係しています。
むし歯の多いこどもの親に話を聞くと、ジュース、お菓子を時間を決めずに与えてしまっています。
親にしてみれば、たくさんおやつを与えていないつもりでも、実際には、おやつの時間以外に飴をあげたり、のどが乾いたときにスポーツ飲料を与えたりして、口の中にいつも糖分がある状態にしてしまっています。
口の中が酸性の状態だと、歯が溶け、むし歯を作ります。
スポーツ飲料には糖分がたくさん入っていて、酸性度も高いため、むし歯になりやすいです。
飴はなめている間、ずっと糖分が口内にあって、歯を溶かし続けています。

むし歯になりにくい環境を作るには、ダラダラと食べるのをやめて、食べるタイミングに気を付けてメリハリをもたせた食生活をすることが大切です。
回数、食べる量を気にするのではなく、大切なことはメリハリです。

こどもの歯磨きをすることはとても大切なことで、小さいうちは大人の仕上げ磨きもしてあげることが必要です。
しかしそれだけではなく、口内環境を整えることもむし歯予防のために大切なことであると覚えておいてください。

| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数