Article JapanTOP >  こどもの歯磨き  >  年齢に合わせた歯磨きのポイント

年齢に合わせた歯磨きのポイント

年齢によってこどもの歯磨きのポイントが違ってきます。
それは年齢によってむし歯になりやすいところが違うからです。
こどもの歯は、生えたての状態なのでむし歯になりやすいです。
生え変わりも激しく、汚れのたまりやすい箇所も違ってきます。

全年齢を通じてむし歯になりにくいのは、下の前歯です。
唾液がもっとも集まる場所なので、唾液によって汚れがある程度落ちるためです。

「6ヶ月の乳児」…乳歯が生え始めるころ。
母乳だけで他に糖分を摂取していなければ、むし歯の心配はありません。
おもちゃをなめさせる、おしゃぶりをさせるなどして、口にものがはいることに少しずつ慣らしていきましょう。
歯ブラシを口に入れることも抵抗なくできるようになります。
最初は、赤ちゃんの顔を触ってあげて、次に口の周りを親子のスキンシップをはかりながら触れていきます。
徐々に口に近づいて、ガーゼで口の周り、口の中をふけるようにしていきましょう。

「1歳半~3歳のこども」…奥歯が生えてきて、徐々に歯が生え揃っていくころ。
食べ物を食べるようになるため、むし歯になる可能性があります。
こどもの歯磨きを習慣化しましょう。
特に奥歯の溝部分、上の前歯を注意して磨くようにします。
フロスの入る隙間があれば、1週間に1度程度でもフロスを使うといいと思います。
こども用に前歯に使いやすいタイプのフロスがおすすめです。

「3歳~5歳のこども」…乳歯が生え揃う。
こども自信が自分で歯磨きをするようになります。
この時期はまだ大人による仕上げ磨きが必要です。
特に奥歯の歯の間に注意して磨くようにします。
普通の歯ブラシを使っているだけでは歯の間の汚れまでは落とせないため、フロスを使うといいでしょう。

「6歳以上」…永久歯が生えるころ。
6歳臼歯がむし歯になりやすいので注意しなければいけません。
生えかけの低い6歳臼歯は磨きにくいため、ワンタフトブラシなどでしっかりと磨くようにしましょう。
こどもが自分では磨けないため、仕上げ磨きで6歳臼歯をしっかりと磨いてあげましょう。

| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数