Article JapanTOP >  こどもの歯磨き  >  仕上げ磨き

仕上げ磨き

こどもが小さいうちは親が仕上げ磨きをしてあげる必要があります。
こどもの歯磨きだけでは完全に磨くことができていないからです。
仕上げ磨きを行うときのポイントは、むし歯になりやすい歯を丁寧に磨くことです。
むし歯になりやすいのは、上の前歯、上下の奥歯です。
下の前歯は唾液によって、汚れ、カスがながされやすくむし歯になりにくい部分です。

磨く順番としては、最初に奥歯から磨き、順番に前歯にくるようにします。
ハブラシは、歯の面に対して直角にあてるようにしてください。
歯茎が傷つかないようやさしく磨いてください。
歯の面に対してハブラシを直角にあてたら、こまかく振動させるようにやさしく磨きます。

奥歯の溝は汚れたたまりやすいです。
溝に沿い、手前に汚れをかきだすようにして磨きます。

上の前歯を磨くときには、上唇の裏側をハブラシで傷つけないように、上唇を大人の人差し指で抑えながら、ハブラシをその指に沿わせて磨くようにします。
上唇の裏側にハブラシがあたるとこどもは痛みを感じて、歯磨きは痛いものだと思ってしまいます。
そうならないように指で守ってあげてください。

次に奥歯の側面です。
口を大きく開きすぎると、奥歯の側面までハブラシがうまく届かないので、少し小さめに口を開けるようにすると磨きやすくなります。

今回指摘した場所は、こどもの歯磨きでは磨きにくい場所、磨き損ねやすい場所なので、よくむし歯ができます。
特に注意して磨くようにしましょう。

| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数