Article JapanTOP >  こどもの歯磨き  >  6歳臼歯のケア方法

6歳臼歯のケア方法

6歳くらいになると生えてくるのが「第一大臼歯」。
「6歳臼歯」とも言われています。
永久歯の中で、最も噛む力の強い歯で、これ以降生える永久歯の歯並びも決めることになる大切な歯です。
しかしこの6歳臼歯が一番むし歯になりやすい歯なのです。
大切な歯であるからこそ、しっかりとケアして守らなければいけません。

第一大臼歯は、乳歯の奥歯の奥側に生えるため、生えてきている状態に気がつかないことがよくあります。
歯茎をやぶり少しだけ顔を出し、背の低い状態で1年~1年半存在しているため気がつかないのです。
5歳を過ぎたら、第一大臼歯が生えてきていないか、こどもの歯磨きをするときにチェックするといいでしょう。
生えてきていることを確認できたら、鏡でこどもにも見せて、自分で歯磨きするときにも意識して磨くように指導しましょう。

第一大臼歯は、上下がかみ合うようになるまで1年半くらいかかるため、その間に歯垢がたまってしまい、むし歯になりやすくなります。
こどもの歯磨きをするときには、この歯の磨き残しをしないように意識して歯磨きしなければいけません。
磨き残しを失くすためには、歯ブラシのあて方が重要になります。
歯ブラシを奥歯から手前に縦にひいたのではうまく磨けません。
第一大臼歯があるところまで歯ブラシを入れて、歯ブラシを斜め45度にすると、うまく毛先があたるようになります。
うまく磨けないときには、部分磨き用の歯ブラシを使って行うとやりやすいかもしれません。

| この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに追加 はてなブックマーク数 この記事をdeliciousにブックマーク この記事をクリップ! クリップ数